Share Home Share Atelier

・主用途:集合住宅の1室

・構造/規模:RC造/リノベーション

60代の夫婦ふたりのための住居である。

 

自分の時間を大切にしながら

お互いの気配を感じられる間取り。

 

寝るためのスペースは最小限でよく

機能uc2 的で開放的なスペース

を最大限確保したい。

 

以前は、妻のテリトリーであった台所も

これからは主も料理を覚えるため

共有のオープンキッチンとして、

キッチンからの眺望も確保。

 

趣味もこれから色々チャレンジする。

住戸内での趣味も増えるだろう。

アクティビティの性格に応じて

スペースを移動し夫婦間で共有する。

 

自立しながらも孤立しない

夫婦ための住居である。

© eADesign